Questetra BPM SuiteQuestetra BPM Suite

ビジネスプロセス管理ツール 「Questetra BPM Suite」

Questetra BPM Suite( http://store.questetra.com/ )は、「見積書作成プロセス」など様々な業務フローをFlash Player上でドラッグ&ドロップにより定義する事で、業務処理環境(ワークフローシステム)を生成できるWebアプリケーションです。 クラウド型の「SaaS Edition」とインストール型の「Download Edition」の2形態で提供されており、複雑な設定の必要なく、Webブラウザのみで全機能を利用することができます。

導入前の課題

組織の規模の拡大や進化に伴い、社内における業務の数は増え、その内容も複雑化していました。
業務の数が増えることにより個々の業務内容の把握が難しくなり、また、場合によっては漏れや遅れが発生するなど、無駄なコミュニケーションコストが発生したりするようになっていました。
そのため、社内業務を管理し、業務の明確化や効率化を進められるシステムが求められていました。
このような目的で導入されるシステムとして「BPM(ビジネスプロセス管理)システム」がありますが、従来のBPMシステム製品はどれも高コストな上に導入にも複雑な設定や高度な専門知識が要求されたため、なかなか簡単にはそのようなシステムを導入できない状況でした。

導入の理由

まず、Flashにより実現された業務プロセス設計機能によって簡易に業務プロセスが設定できることがあげられます。これにより、特別なアプリケーションを別途インストールする必要なく、Webブラウザのみで業務プロセスを設計できます。
また、そのような簡易に利用できる設計機能でありながら、柔軟なユーザ・グループの変更や分岐ルールの設定など、複雑な業務プロセスを設計することもできます。このため、企業・部門内での様々な業務フローに対応することができます。
さらに、これらの機能を、低コストで利用できることから、Questetra BPM Suite の導入が決定されました。

導入効果と今後の展望

現在、各種の申請や社内報告といった日々の定型業務について業務フローが定義/運用されています。
これにより、社内の業務ルールが明確になり、その業務ルールに沿って運用されていることが保証されるようになりました。加えて、多数の業務にかかわる方でも、自分が現在かかわっている複数の業務タスクを把握することができるようになり、作業の漏れや遅れなどが減少しました。これらの結果、社内の業務プロセスの効率化が進みました。
また、各種の業務ルールが明確になり、その業務内容についても把握できるようになったことは、監査の観点からいっても大きな前進となりました。
今後は、適応業務をさらに拡大することや、Questetra BPM Suiteの業務プロセス監視機能を使って、さらにプロセスの効率化を進めていく予定です。

システム構成

Java(J2EE)ベースのWebアプリケーション。
業務タスクの実行等の通常の機能はHTML+css+Ajaxで提供するが、プロセス設計機能やプロセス監視機能といった複雑で高度なUIが要求される機能は、Flashで提供している。

使用したアドビ製品

事例データ

事例タイプ 企業内 (BtoE)
事例カテゴリ ビジネスプロセス管理(BPM)
ビジネスの貢献分野
プラットフォーム デスクトップPC
使用したWeb技術 Flash, Flex
使用したその他の技術 Java(J2EE)、Ajax
会社名 非公開
業種 ソフトウェア
従業員数 100〜499人
システム
インテグレータ
株式会社クエステトラ (http://store.questetra.com/ja/)
開発企業
page top