Rosetta StoneRosetta Stone

KIOSK+ for Rosetta Stone (無人型Store-in-Store)

製品紹介、CM、体験レビューをフレキシブルにKIOSKに表示。AIR・Flexで構成された本アプリケーションは、Store-in-Storeで販売促進をサポートするばかりでなく、同社のマーケティング戦略に必要な機能拡張性やタイムリーでSite-Specificなデータ配信も可能な柔軟性を備えています。

導入前の課題

2007年、日本での事業展開開始以来、ロゼッタストーン・ジャパン株式会社では、直営店舗をはじめ、一般書店内Store-in-Storeなど、国内に販売拠点を拡大し、その販促拠点拡大の一環として無人KIOSKテスト導入を計画。ただし、無人KIOSK開発はコンテンツの充実や機能拡張など、段階別にバージョンアップを可能とするものでなければならず、かつスケーラブルで迅速な対応やシステム開発を必要としていた。

導入の理由

無人型店舗での効果的販促や有人店舗での販売チャンスロスを削減したいというニーズのあったロゼッタストーン・ジャパンに対して、柔軟な設計およびマシンOSに依存せず、効率と効果を両立させる規格としてTK-Lab社のKIOSK+を提案、他候補と比較しても機能拡張性とコストパフォーマンスともに優位で採用。

拡張機能、バージョンアップ機能
製品特徴をシンプルかつ分かりやすく訴求し、より多くの潜在顧客をリードするためのインタフェース改善をアップデート予定。AIR2.0の機能によって、KIOSK+の特徴である柔軟なクロスプラットフォームにおける機能の柔軟な弾力的なアップデートを可能にしている。

導入効果と今後の展望

KIOSK+導入時点では、動画コンテンツとSite-Specificな広告データ配信機能を装備し、無人型KIOSKにも関わらず、設置後1、2か月で既に販売業績と直結した効果をもたらしている。現在、日本におけるチャネル市場特性やユーザ嗜好をより反映し、有人店舗での販売補助ツールとしても活用すべく、Rosetta Stoneアプリケーションを実際に起動して試用出来る新機能も含め、順調に機能拡張を行い、販売促進に活用されている。

システム構成

-

使用したアドビ製品

事例データ

事例タイプ 消費者 (BtoC)
事例カテゴリ 販促・プロモーション
ビジネスの貢献分野
プラットフォーム デスクトップPC
使用したWeb技術 Flash, Flex
会社名 ロゼッタストーン・ジャパン株式会社 (http://www.rosettastone.co.jp/)
会社概要 1992年に米国で生まれ、独自の音声認識エンジンによる「Dynamic Immersion(ダイナミック・イマージョン)」方式で 効果的な国語習得を可能にする実用ソフトウェア「Rosetta Stone」を開発・製造・販売する米国Rosetta Stone Inc.(NYSE:RST)100%出資の国内法人。
業種 ソフトウェア
従業員数 50人未満
システム
インテグレータ
株式会社ティーケーラボ (http://www.tk-lab.com/)
開発企業
page top